バイトの友達は一生もの

バイトをする目的として、お金を稼ぐ目的はもちろんのこと、友達つくりという目的で始める人も多いかと思います。学校でつくる友達は、同じ授業を一緒に聞いたり、登下校を共にしたり、遊びに行ったりと言った繋がりがメインですが、バイトで一緒に働くと、自然と仲間意識が芽生えてくるものです。戦友という言葉があるように、共に目標に向かっていく仲間はなんとなくできた友達以上に繋がりが強くなります。

また、仕事を終えた後に一緒に飲みに行ったりすることで、お互いの頑張りを讃え合うことができ、ただ意味もなく飲みに行くのとは訳が違います。バイトという繋がりがあったおかげで、辞めたあとでも縁が切れないケースは多いかと思います。例えばバイト仲間の誰がどうなったかとか、バイト先が移転になったとか、共通の話題がたくさんあるからこそ、話がつきません。また、正社員になれば責任感も違い、それが例え同期という同じ立場の人間であったとしても出世や仕事のことなどでお互い心の中ではどこかギスギスした感情をもつことも少なからずあるため、バイトのときのようなフランクな付き合いは難しくなりがちです。

こうした背景があるからこそ、学生のうちにバイトをして友達をつくっておくべきなのです。友達は財産です。まだ若い時期に仲良くなった友人は、今後の人生で長く付き合っていけます。一緒にいるだけで人生をもっと楽しめるような、そして悲しい時には支え合えるような仲間をつくりましょう。人脈や価値観を広げるためにバイトで友達づくりに励むことは、自分自身の成長にも繋がるのです。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です