第一印象を良くするポイント

新しい仕事をはじめる時は、誰もが緊張します。初めての職場に行くときには、まず最初の印象が大切です。初めての場所や初めて会う人、これから慣れない仕事が始まるという不安でいっぱいだと思いますが、まずは少しでも親近感を持ってもらう必要があります。

初めて会う人に良い印象を持ってもらうためには、気持ちの良い挨拶をするのが一番です。「おはようございます」の一言を、ハキハキと爽やかに言うことができれば、間違いなく良い印象を持ってもらうことができます。挨拶は人間関係の基本です。良い印象を持ってもらえれば、これからの仕事でみんなが助けてくれるようになります。

もし相手が年下だったとしても、仕事上では立派な先輩です。初めの挨拶はきちんと敬意を払って伝えましょう。そうすることで、年下の人でも警戒心を解いてくれます。警戒心を解いてくれれば、仲良くなるまであと少しです。すぐに友達になることは難しいですが、とにかく良い印象を持ってもらええれば仕事でわからないことがあった時に質問しやすくなります。質問を通じて一生懸命働いている姿を見せることにより、もっと警戒心を解いてもらうことができるのです。さらに質問の中で少しずつしゃべることができ、徐々にプライベートな会話に発展して仲良くなることができるでしょう。

何事もいきなりうまくいくことはありませんが、徐々に現状がよくなるように頑張っていくことが大切です。職場に気の知れた人が誰も居なければ、やる気につながりません。やる気が出れば仕事効率も良くなりいいこと尽くしです。好感が持てる接し方を心掛けながら、同僚同士で支え合えるような関係性を築きましょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です